FC2ブログ

Entries

テレビ居酒屋でガマン

勤め人をやめてしばらく経つが淋しいことがいくつかある。
仕事を終えてふっと思い立ち飲みに行くことがなくなった。赤ちょうちんか手垢で汚れたのれんが訳もなく恋しくなるのだ。財布の中にある金額を確かめこれからのコースを決める。本寺小路の場合駐車料金に代行代4000円なにがしが必要経費として上乗せされる。都会に住む人に比べハンデとなるのは致し方ない。私はどちらかというと仲間と行くよりも「独りで飲む派」だ。仕事仲間と行けば愚痴になり、上司と行けば説教を聞かされ部下と行けばこちらが説教するほうになる。そんなことより独りで静かに飲む方が好きだ。
rui.jpg


懐に余裕があれば焼き鳥やを出て次の河岸に向かう。あのハシゴをするときの気持ちはなんともいえない。

こういった楽しみができなくなったことだ。もっぱら家飲み派に成り下がってしまった。しまったが、これはこれでまた良いことがある。家計にやさしいこと、深酒をしないこと、切り上がりが早いので時間にゆとりを持てることだ。
oota.jpg
なので月曜の「酒場放浪記」火曜の「いい酒いい肴」は私には欠かせない番組となっている。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://niigataabusan.blog.fc2.com/tb.php/174-68fe5435

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自己紹介

阿部文吉

Author:阿部文吉
百姓はもうやめよう
米作りなんて俺の代で終わりだな。米価は下がる一方だし。セガレは東京で所帯を持ったし、農機具を買う金もないし・・・ついこの間までそう思ってました。でもどうせやめるなら思いっきりやってみようと始めた米作り。従来は農協の言うがままに何の疑問も抱かずにやっていたから満足のいくコシヒカリは出来ませんでした。西に米作りの名人がいると聞けば飛んでいき、東にあの人の米はうまいよと聞けばジッと田んぼを見続けて腕を磨いてきました。当初は失敗の連続でした。そんな米作りを変えたのはスーパーや弁当工場からでる食物残さから作った有機アミノ酸肥料でした。

Webサイト  >>>

おかずのいらないコシヒカリ

当店へのメール(ご注文もOK)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR