FC2ブログ

Entries

時代物


2回目だろうか、3回目だろうか?
NHKの「みをつくし料理帖」
なかなか面白い。

それに8時からの「ブシメシ」
これも面白い。

NHKでは以前は日曜夜に歴史物(大河物)、金曜夜に時代物をやっていた。

最も象徴的な原作者で言うと、
歴史物は司馬遼太郎。
時代物では藤沢周平、池波正太郎。

こう書くとだいたいイメージできると思うが歴史物は功なり名を遂げた人物を主人公にした出世物語。
時代物は市井に生きる名もない人たちの生き様や日常を描いた物。

私は若い頃、司馬遼太郎を夢中になって読んだ。
龍馬がゆく、世に棲む日日、花神・・・

特に高杉晋作にはあこがれた。
セガレの名前に高杉晋作から一字とって「晋平」としたぐらいだ。

青雲の志を抱いて社会に出たが、なかなか思うようにいかず自分の器というものが身にしみて解った40代50代になると読む本が変わってきた。

池波正太郎と藤沢周平に傾倒していった。

其々に立っている位置が違うように思う。
司馬遼太郎は丘の上から、池波正太郎は人の目線で、藤沢周平は地べたに這いつくばって人の世をみつめているように思う。
miotukusi2.jpg


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://niigataabusan.blog.fc2.com/tb.php/150-a64ef745

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

自己紹介

阿部文吉

Author:阿部文吉
百姓はもうやめよう
米作りなんて俺の代で終わりだな。米価は下がる一方だし。セガレは東京で所帯を持ったし、農機具を買う金もないし・・・ついこの間までそう思ってました。でもどうせやめるなら思いっきりやってみようと始めた米作り。従来は農協の言うがままに何の疑問も抱かずにやっていたから満足のいくコシヒカリは出来ませんでした。西に米作りの名人がいると聞けば飛んでいき、東にあの人の米はうまいよと聞けばジッと田んぼを見続けて腕を磨いてきました。当初は失敗の連続でした。そんな米作りを変えたのはスーパーや弁当工場からでる食物残さから作った有機アミノ酸肥料でした。

Webサイト  >>>

おかずのいらないコシヒカリ

当店へのメール(ご注文もOK)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR