FC2ブログ

Entries

昨年今年貫く棒の如きもの

明けましておめでとうございます。今年は誰よりも早く起きて茶の間や座敷、コタツ場、台所、玄関の掃除をしました。新年の掃除は福を掃き出すといってしないのが良いそうですが、きれいな方が気分が良いのでやりました。神様と仏様にお願い事をして福を待ちます。今年は米の販売である数値目標を立てました。達成するよう全力を尽くします。10年間のネット販売でわかった事。「需要があって競争相手のいない市場」そういう場所が必...

オヤジの背中

今年92でしょうか。10年位前に交通事故で右足が不自由になりました。それでも杖を突きつつ畑へi行き、軽トラでコメリや医者へ通っています。オフクロは車椅子で自宅からディサービスへ通っておりオヤジが面倒をみています。いわゆる「老々介護」です。オヤジの楽しみは若い頃から丹精込めて育て上げた盆栽と、夕飯前に飲む僅かばかりの晩酌です。昔はほとんど飲まなかったのですが、このところ腕を上げてきたようです。夕方庭木に...

5月は春なのか夏なのか?

春は3月から5月。してみると今は晩春?いやいや完全に夏ですね。だってこないだの5月6日は立夏だったもの。それが証拠にビールの旨い事、旨い事。私、このGWから6月の梅雨にかけての時期が一番好きです。...

躑躅が雨に濡れてつややかに咲いている

最近の天気予報は良く当たる。もっとも今は気象予報というみたい。やたらきれいなお天気姉さんとかお天気おじさんがでてくる。この走りはNHKの半井小絵さんと荒嶋恵里子だろう。私はどちらかと言えば荒嶋恵里子さんの方が好みであった。今日は6月の梅雨に入ったような切れ目の無い雨が静かに降り続いている。薫風に吹かれた身としては肌寒く一枚余計に着ている。溜まった事務作業をこなすにはちょうど良い一日だ。オヤジが丹精...

陽はまた昇り陽はまた沈む

農舎のシャッターを開けると燕が勢いよく飛び出して行く。数えたら4羽いるようだ。燕を間近でじっくり観察した事はないが速く飛ぶ為に体が流線型になっているようだ。池波正太郎の話にわりとこの鳥がでてくる。「矢のように頬を掠めて飛んでいく」そうして急に飛ぶ方向を変える。この飛び方ができるのは燕だけではないだろうか。田植えが終わり田んぼに水が入りキラキラと輝いている。やがて苗は新根を張り土中の養分をグングン吸...

春の暖っかさを背中に感じながら無心で畑を打っていました。

畑はオヤジの担当なのですが作付前の耕うん作業は私の役目です。ここ2~3日朝は寒いのですがその分日中は気温が上がります。今日は風もなかったので畑に石灰を撒いて20年選手のマメトラ君で打ちました。このマメトラ片方のタイヤが空気が抜けており空気を入れようとしたのですが、入れ口がタイヤにもぐりこんでいてうまくいきません。JAのスタンドに行き直してもらいました。今度は午後からエンジンを掛けるんですが火がつかず、コ...

65歳

スーパーの品出しのバイトをやっていましたが辞めました。2009年サラリーマンをやめてネットショップ「新潟は食の宝庫だ」を徒手空拳で始めました。全くパソコンの知識もないままサイトを作り始めました。今考えるとなんて無謀だったんだと思います。案の定全く売れませんでした。随分と苦労しました。退職金と貯金も使い果たし、ニッチもサッチもいかない日が3年位続きました。仕入に行く車にいれるガソリン代にも事欠き下り坂に...

十二志会

十二志会と聞くとカッコいいけど大した集まりではありません。保育園から小学、中学と一緒に過ごした幼馴染の集まりです。もう三人亡くなりました。いずれの三人も自ら命を絶ちました。中学を出てそれぞれがそれなりの志を抱いて社会に出ました。それぞれが社会や家庭の要になったある頃「○○が死んだぞ」と突然の報せが来ました・・・ あんなに親しく「なぁ、おれ」と言い合っていた幼馴染が・・・ その後悔から「年に何回かあっ...

今日は拠ん所ない会の送別会。とっても楽しかった。

勤め人を辞めてから義理の付き合いはとんとなくなった。が、今日は拠ん所ない集まりで飲ってます。なんだかんだと言いながらたいせつなのは人と人との付き合いだ。 とかくこの世は住みにくい!...

今はもう冬

随分と久しぶりの投稿になりました。 気がつけばもう冬。今日はとっても寒かったです。仕事の段取りが良くなった訳ではないですが、少しゆとりが持てる様になりました。ブログをどうしたもんかと悩んでおります。このFC2ブログを続けるべきかそれともワードプレスで新しく始めるべきか・・・...

Appendix

自己紹介

阿部文吉

Author:阿部文吉
百姓はもうやめよう
米作りなんて俺の代で終わりだな。米価は下がる一方だし。セガレは東京で所帯を持ったし、農機具を買う金もないし・・・ついこの間までそう思ってました。でもどうせやめるなら思いっきりやってみようと始めた米作り。従来は農協の言うがままに何の疑問も抱かずにやっていたから満足のいくコシヒカリは出来ませんでした。西に米作りの名人がいると聞けば飛んでいき、東にあの人の米はうまいよと聞けばジッと田んぼを見続けて腕を磨いてきました。当初は失敗の連続でした。そんな米作りを変えたのはスーパーや弁当工場からでる食物残さから作った有機アミノ酸肥料でした。

Webサイト  >>>

おかずのいらないコシヒカリ

当店へのメール(ご注文もOK)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR