Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工場の祭典


昨日は工場の祭典の説明会にさんかしてきました。

うまい酒研究会


百姓仲間のハルオ君と共同購入しました。

小祝政明勉強会


コロナアグリ主催の有機農業の研究会がありました。小祝政明氏は私の人生を変えた男といってもいいでしょう。

今が一番

edit_2016-02-19_18-28-51-192.jpg
この年になってやっと自分が見えてきた気がします。「大したことのない自分」若い時は無理して格好つけてたんだなってつくづく思う。自分を大きくみせようとしていたんだな~。やっと身の丈にあった生き方に行きついた気がします。

今の自分が本当の自分。

越の白雁

輪(和)


今年も始まりました。稲荷神楽の練習。車座になってお前の腰は高いもっと落とせとか早すぎるとか言い合っています。こんな風に輪になる事少なくなりましたね。昔はしょっちゅうこんなして飲んでました。

燕のラーメン






大曲の麺屋はるさんでお昼をいただきました。本当は大むら支店へ行く予定でしたが、いくには行ったが定休日でした。水曜休みのラーメン屋さんってけっこうありますね。けっこうと言うかたまたまでしょうか?吉田のクォウライも休みでしたね。燕のラーメンはこんな感じです。文句なしに馬いです。

雛飾り


今年で何回目だろうか。初めの頃は半日かかっていたけど今じゃ小一時間でできるようになりました。ピンクの毛銭が優しげで気に入っています。カミサンの里から娘が産まれた時にいただきました。

生き馬の目を抜く三条商人

babatoinoki
「二人とも実に、い~顔してるね」

私は猪木の絶対的信奉者であるけども、実は馬場も好きであります。この会談はいつのものかわかりませんが、こんな時があったんですね。何を話していたのかはわかりませんが、激しくにらみ合ってきた二人だけにたいしたことも話さずにただにこにこ笑って酒等飲んだのかも知れません(この場面では酒はでていませんが)

この写真の後に実はもう一枚あるんです。そこには満面の笑みの仕掛け人新間寿が写っていました。(この笑顔も良い)

私は燕で生まれてお隣三条で仕事をしてきました。三条は今はモノ作りの町として町おこしをやっていますが、三条は「商人(あきんど)の町」だと思います。昔は「三条商人は生き馬の眼をも抜く」と言われました。

三条を代表するコメリ・ムサシ・オーシャンはいずれも「商人」です。その三条に合って異色の「商人」と言えば大人の風格をもった「ジャイアント馬場」こと馬場正平その人ではないでしょうか。
彼はもちろんプロレスラーでありますが稀代の興行師だと思います。新日本と血みどろの興業合戦を繰り広げ数々の名勝負を見せてくれました。

この人のことを誰も言わない三条の人を残念に思います。

空き家が30軒

小池自治会2

小池自治会1

小池部落では月一回部落民交代で夜間のパトロールを行っています。

少しでも住みよい安全な集落を維持する為に10年以上前から行っています。隣り組の構成員数によって違いますがほぼ1年に2~3回回ってきます。

燕市街では空き家を狙っての放火、不審者らしき人、痴呆の人の徘徊等等最近いろいろ問題が起こっています。例えば当地区では空き家が30軒弱あります。集落全体でおよそ350軒ですから、ほぼ1割が空き家です。

限界集落の話ではなく車で2~3分でスーパー・居酒屋・スナック・コンビニがあるこの小池地区においてをやであります。もっとも東京都において大きな問題になっていますが・・・

私の親友も小池を出て東京や新潟に居を構えて故郷の実家は空き家になっています。一人は取り壊し更地にして他人に売りました。一人は決断できずにいます。

取り壊して更地にするには150万程かかると言います。更地にしてもむしろ税金が多くかかり買い手がないの現状です。

いったいどう対応すればよいのでしょうか・・・

二年参り

suwa.jpg
年末は必ず村の神社とお寺にお参りに行きます。若い時は除夜の鐘を聞いて寝たのですが、この年になってくると大晦日と言えども遅くまで起きていられません。そう・・・年越し蕎麦もここ何年かは食べていません。

9時を廻ると私一人で古い〆縄やお札カレンダーを持ってまず諏訪神社に行きます。ここは村で一番大きな神社です。お堂の中は10畳程ありストーブコタツが置いてあり堂守りや長老達が集まって四方山の話をしています。私もお参りをし、お神酒を頂いて一くさり話をしてきました。

その後菩提寺である浄宮寺へお参りにいきます。その後稲荷神社へ行き二年参りを済ませます。

施肥設計

takatiyo

実に久しぶりの投稿です。

10日程前、オコレ研(かずのいらないシヒカリを作ってみたい細農家の研究会)が我が家に集まって来年の施肥設計の検討会を行いました。

今年米価は下がり、来年も下がるだろうという予測の元、消費者から「おいしさの違いがわかるコシヒカリ」を更に進化させようとあ~でもない、こ~でもないと色んな設計を検討しました。

基本的には価格設定を3段階設け、それぞれ栽培方法と管理コストを変える事としました。

1)k/500円(農舎前玄米価格):食物残渣から作った環境リサイクルの有機アミノ酸肥料によるクラシック(従来)コシヒカリ
2)k/400円(農舎前玄米価格):鶏糞・カニ殻・コーヒーの搾りかす・米ぬかから作ったボカシ肥料によるクラシックコシヒカリ
3)k/300円(農舎前玄米価格):従来肥料+ボカシ肥料によるコシヒカリBL

お客様のニーズ価格は様々です。オコレ研ではまだ確たるユーザーを確保している訳ではなくWebサイトの作り込みを行いユーザーを開拓していきます。
又、地域に根を張り農業の面白さを発信しコミュニティを形成する活動を行っていこうと話し合いました。

最後は私が選んだ今年の1本ということで「たかちよ平仮名黒ラベル純米吟醸」1本空けました。

小祝政明


私が稲作りの素人でありながら激しく稲作りに魅かれているのは小祝政明氏の影響であります。ちょうど今から1年前、吉田の百萬粒と言う米問屋が主催した勉強会に参加したのがきっかけでした。
昨日は所も同じ燕三条のワシントンホテル。県内からおよそ100名程の農家・生産者が集まりました。
BLOF理論という独特の理論でわかりやすく説明しています。
おいしい米は健全な稲から稔る。健全な稲は健全な根から。健全な根は健全な土から・・・

勉強会終了後は100名で懇親会。
koiwai.jpg

高倉健

高倉健さんが亡くなられました。

寡黙で不器用で真っすぐでそこにいるだけで心が伝わってくる人でし
た。

私はそんなに健さんの映画はみていませんが、「居酒屋兆次」の健さ
んが大好きでした。

大原麗子と加藤登紀子の間で揺れる兆次。黙して語らず焼き鳥を焼き
続けるその姿にジ~ンときました。

それに「幸福の黄色いハンカチ」で刑務所からでてきて食堂でビール
をたのみ出てきたビールをコップに注ぎ両手でかかえてゴクンと喉を
ならし飲むシーンです。

あれほどうまそうにのむシーンは後にも先にもありません・・・

又、昭和が遠くなっていった気がします。

ご冥福をお祈りします。

農家組合


百姓をやっている人の集まり⇒「農家組合」の会議の後の懇和会です。

農家組合主に公共の農道、用排水路の管理を行います。小池部落には農家戸数がおよそ100戸あります。現在実際に田んぼへ出て作業をしているのは22戸位です。

10ヘクタール以上から2ヘクタール以下の耕作面積でバラけています。一番年長で88歳年少で50歳半ばというところでしょうか。

この日の主な議題は老朽化した用排水路の補修をどうするかということでした。

Appendix

プロフィール

あぶさん

Author:あぶさん
【年齢】
恥ずかしながら62歳(h26年現在)
【好きなもの】
農作業(田んぼの風に吹かれているのがたまらなく好き)
新潟の日本酒(ほぼ毎日飲ってます)
新潟のラーメン(背脂・みそを好みます)
昔のフォーク(岡林・渡・良・寛・ともや他)
昔のプロレス(猪木・天龍・長州他)
昔の落語(園生・志ん生・米朝他)
時代小説(池波正太郎・藤沢周平他)
       
      
   
       

Webサイト  >>>

おかずのいらないコシヒカリ
新潟は食の宝庫 あぶさん

当店へのメール(ご注文もOK)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。